審美歯科は歯科とどう違うのか

###Site Name###

審美歯科は、歯科とどのように違うのでしょうか。

歯科では虫歯などの治療をおこないます。
むし歯や歯周病といった歯や歯ぐきの病気を治療したり、削った後を金属で被うなどの治療をすることで、歯ほんらいがもつ機能を回復させることを目的にしています。

ただ虫歯が治療されて正常な歯の機能を取り戻すことができればそれでいいのでしょうか。

普通の歯科で治療した場合、詰め物の金属が見えたり、見た目はあまりよくない場合があります。

さらに治療から時間が経過すれば変色などの問題もでてきます。

これは歯の健康を考えたときには、あまり重要な問題ではありませんが、はたしてそれでいいのでしょうか。

こうした問題がでてくるのは現在の保険医療制度が、治療=正常な機能の回復に重点を置いているからです。

これに対して審美歯科は、治療するだけで終わりにしないで見た目の美しさや治療したことがわからないように自然に見せることにも重点を置いています。審美歯科では、虫歯を予防するために歯石を除去するだけでなく、歯を白くみせるホワイトニング治療もあります。

これは歯を白くみせるための治療です。



歯にホワイトニング用のジェルを乗せるなど簡単にできる方法が採用されています。

実際に色素を取り除くために歯の表面を削るようなことはしません。

また審美歯科は歯並びを治す矯正歯科とも違います。



時間をかけておこなわなければならない咬み合わせの治療は基本的に行なうことはありません。



短期間で見た目を改善することに目的が置かれます。