インプラントの利点と欠点

###Site Name###

虫歯や歯周病で歯を失った場合、歯が無くなった部分の顎の骨に人工歯根を埋めこみ、そこに義歯を付ける治療方法を歯科インプラントといいます。
この方法は1本の歯がなくなった場合だけでなく歯が全部なくなってしまった場合まで対応できる治療方法です。
金属のチタンを骨の中に埋めると骨と結合する現象が発見されたことから、インプラント材料としてチタンやチタン合金が使用されています。

また咬むときにかかる力にも充分耐えるだけの強度があります。インプラント治療の利点として義歯をしっかりと固定できることです。また治療のためにその周囲に残っている歯を削ったり、それに義歯を安定させるための装置を付けることはありません。

こだわるならエキサイトニュースにはこちらのサイトが最適です。

残っている歯に負担をかけることがないのがこの方法の利点といえます。


一方で欠点もあります。

人工歯根を埋入するためにはそのための手術を受ける必要があります。
高血圧症や心臓疾患、糖尿病や骨粗鬆症等の疾患などがあると手術ができない場合があります。
また人工歯根が安定するまでに時間がかかるため治療期間が長いこと、そして健康保険が適用されないため全額患者の負担になるために治療費が高額になることもデメリットとして挙げられます。
またインプラントは骨に結合するため、そのための骨が充分に存在しない場合は治療が困難になります。



では歯周病の場合はインプラント治療をうけることはできないのでしょうか。

池袋で医療レーザー脱毛の情報収集ができます。

不可能ではありませんが、他の患者と比べると治療後の歯根の残存率が少なくなります。

そのためまずは歯周病の治療が必要となります。